退職代行

【退職110番】なら安心確実!『労働問題専門の弁護士法人』即日退職も可能

【退職110番】は『労働問題専門の弁護士法人』だから安心確実!
退職代行に頼めば本当に会社辞めれるのかな

くわしく知りたいな

 

そんな悩みに答えます

 

退職代行サービスにはいくつかの種類があります

  • 一般的な退職代行サービス
    (株式会社が運営)
  • 労働組合が運営
  • 弁護士事務所が運営

 

一般の退職代行サービスでも、弁護士が監修や指導という形で前面に出ている場合が多いですが、実際に業務を行うのは退職代行のスタッフです。

そちらのの弁護士は直接交渉することはできません。

非弁行為となり違法です

 

一般の退職代行ができるのは伝言だけ。

弁護士事務所が運営している退職代行でなければ弁護士が直接交渉することはできない

 

法的な問題を解決できるのは弁護士の運営する退職代行サービスだけです。

 

先に結論

弁護士資格を持たない退職代行を選ぶと失敗するリスクがある。

わずかの金額の違いなら、
弁護士の退職代行に頼むべし

 

この記事でわかること
  • 退職代行サービス「退職110番」とは
  • 退職代行サービス「退職110番」のメリット
  • 退職代行サービス「退職110番」のデメリット

 

この記事を書いている私はブラック企業で10年以上働いていました。

残業は毎月100時間以上。
毎日軽いうつ状態

体を壊して辞めましたが借金が残り、昼夜で1日16時間働きました。

今も週7日のダブルワークで働いていますが、ストレスはほぼゼロです

 

こんな人におすすめ

  • 会社をやめたい
  • パワハラを受けている
  • 退職を引き留められている
  • 残業代などの未払い金がある

退職110番は労働問題専門の弁護士法人

退職110番
  • 弁護士対応だから、確実に辞められる
  • 面談不要で即日対応。出社せずに済む
  • 書類手続きの手配も任せられる

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

\相談は無料です/

退職110番公式サイト

退職110番と非弁業者の違い

退職110番 非弁業者
退職意思の伝達   ○   △
会社との連絡対応   ○ 伝言のみ
退職書類の作成・請求   ○   ×
有休休暇の調整   ○   ×
退職日の調整   ○   ×
残業代の請求   ○   ×
未払金の請求   ○   ×
慰謝料の請求   ○   ×
訴訟対応   ○   ×

 

決定的な違いは交渉できるかどうか


一番の大きな違いは、会社と退職条件の協議や交渉ができるかどうかです。

会社から退職条件や時期について協議や交渉を求められた場合一般の業者では対応できない。

金銭的な要求(未払いの残業代の請求)などは弁護士でなければできない。

一般の退職代行は本人の意思を会社に電話で伝えるだけ!

「非弁業者について」

「弁護士資格のない業者(=非弁業者)」はもちろんの事、「弁護士監修」や「顧問弁護士」を前面に打ち出した一般法人などでは、退職のアドバイスや本人の意思を会社に伝えることはできても、法律に関わる具体的な対応は弁護士法に違反する可能性が高く、不要なリスクを抱えてしまいます。(依頼者も、退職の無効や会社から懲戒解雇・損害賠償請求をされる危険が生じます)

退職110番ホームページより

弁護士資格を持たない退職代行を選ぶと失敗するリスクがある。

わずかの金額の違いなら弁護士の退職代行に頼むべし

退職代行サービス退職110番のメリット


退職110番ホームページより

  • 確実に退職できる
  • 会社と交渉できる
  • 法律問題にも対応できる

労働問題専門の弁護士法人なら、退職に関する問題にほぼすべて対応してくれます。

即日退職も可能

  • 即日で(もしくは最短で)退職する事も可能
  • 会社と一切連絡連絡を取る必要なし
  • もう上司の顔を見なくて済む

 

【自分で退職を申し出た場合】

  • なかなか辞めさせてくれない
  • 退職までパワハラをうけることもある
  • 有給休暇などを、うやむやにされる

やめる人間にはあまりいい態度はとってくれません。

退職する日までつらい思いをすることに

お金で解決するのも手段の1つですよ

未払い金の請求ができる(弁護士でなければできない)

有給の取得や未払いの残業代がある場合、弁護士なら会社に請求することができます

金銭的な請求は弁護士でなければできない

もし法律トラブルになっても対応できる

会社から損害賠償請求されても対応できる

退職に関するすべての手続きを代行してくれる。

最近は退職代行の対策をしている企業も多いので、会社から損害賠償を請求されることもあります。

そうなった場合一般の退職代行ではどうすることもできません。

弁護士事務所のデメリット

料金が高い

料金は一般の退職代行よりは高くなります

ただし残っている有給を全部使えたとしたら、それだけで退職代行の料金分くらいプラスになるはずです。

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

\クリックして公式サイトへ/

退職110番公式サイト
相談は無料です

退職110番の利用方法

  1. 無料相談申し込み
  2. 料金の支払い
  3. 必用書類の提出
  4. 退職代行の実行
  • 料金は一律税込み43,800円
  • 未払い金請求などは別途オプション費用がかかる
  • 支払いはクレジットカード(VISA、MASTER、AMEX)
  • 万が一退職できなかった場合は全額返金

まとめ

まとめ
円満退職はあり得ないです

私がブラック企業を辞めた頃は、退職代行サービスなど知らなかったので、

本社に呼び出されて説得されて、有給休暇はもらえずに1ヵ月以上働かせられました。

もし退職代行サービスを知っていれば即日退職してました。

自分一人で会社を相手にするのは、相当な労力です。精神的なダメージもかなり受けるでしょう。

多少お金がかかっても弁護士法人の退職代行を頼むのが正解です。

退職を言い出せずにズルズルと働いているのは人生のムダです。

退職代行を使ってすぐに辞めるべし。

 

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

\クリックして公式サイトへ/

退職110番公式サイト
相談は無料です

《こちらもおすすめ》
労働組合運営で27,000円
退職代行SARABA(サラバ)

 

弁護士の退職代行サービスなら安心【徹底比較】一般の退職代行との違い
弁護士の退職代行サービスなら安心【徹底比較】一般の退職代行との違い退職代行サービスにはいくつかの種類があります。 弁護士資格を持たない退職代行を選ぶと失敗するリスクがある。弁護士なら法律であなたを守ります。...
今すぐ会社辞めたい人へ!【2021】退職代行おすすめの6社を厳選【徹底解説】
今すぐ会社辞めたい人へ!【2021】退職代行おすすめの6社を厳選【徹底解説】退職代行とはズバリあなたに代わって「会社辞めます」と言ってくれるサービスです。最短で次の日からもう会社に行かなくてもよくなります。 退職代行サービスを利用すれば、ほぼ100%の確率で会社を退職できます...