くらし

【老眼鏡】中高年が初めて買うならどこがいい?大手チェーン6店まとめ

虫眼鏡で本を読むネズミ




中年男性
中年男性
老眼鏡ってどこで買えばいいんだろう?

 

老眼は病気ではありません。

誰にでも起こる目の老化現象です。

 

イサオ
イサオ
しかし老眼鏡を買おうと思っても、眼鏡をかけたことのない方は迷ってしまいますよね

 

100円ショップなどでも売っていますが、間に合わせで適当に買ってしまうと、老眼が進んでしまうことがあります。

この記事では大手メガネチェーン6店を紹介します。

老眼鏡は眼鏡店で買うのが正解です。

 

メガネドラッグ

メガネドラッグ

桃太郎の「モモちゃん 」のテレビCMでおなじみのメガネドラッグ。

サービス重視をモットーにしていて、口コミの評判もかなりいいです。

「メガネを売る者はメガネを知るべき」というモットーで、「メガネドラッグの社員は全員メガネをかけている」のは有名な話です。

レンズ付きのフレームセットで リーズナブルセット 12,100円~

公式ページ

メガネスーパー

アイケアカンパニー宣言 メガネスーパー メガネスーパー

メガネスーパーも有名ですよね。

ヒアリング・検査⇒レンズ・フレーム選定⇒メガネの制作⇒フィッティングという流れ。

HYPER保証システムという手厚い保証プランがあります。

全体的に値段が高く口コミの評判はあまりよくありません。

公式ページ

眼鏡市場

眼鏡市場 すべてのメガネがレンズ一式価格の眼鏡市場。

一式価格で\16500円∼とリーズナブルな価格ですが、口コミの評判はあまりよくありません。

公式ページ



メガネの愛眼

メガネの愛眼

すべてがセット価格で一般メガネ一式:5,180円~

対象の年代が高いので、老眼鏡を探すのにはおすすめです。

公式ページ

JINS(ジンズ)

JINS 「格安メガネ」の代表格の一つであり、リーズナブルな価格帯とわかりやすい料金システムが特徴。

メガネ・アイウエアブランドのJINS 公式通販ショップ

公式ページ

ZOFF

ZOFF 一般メガネ一式:5,500円~12,000円まで

どちらかというと若者向け。

公式ページ



まとめ

大手の眼鏡チェーンには若者向けのところが多いです。
老眼鏡を買うのだったら、メガネドラッグか愛眼がおすすめ。

>>買う前に自宅で商品を5日間・5本まで試せる

 

 

>>目の機能性表示食品「えんきん」
オーディブルは50代からの読書におすすめ!聴く読書なら老眼でもOK
50代からの読書には『オーディブル』がおすすめ!聴く読書なら老眼でも問題なし。読書をしたいけど老眼で小さい文字が読めなくなってしまった。中高年になると本を読むのもひと苦労ですよね。そんな人にぜひ試してほしいのがAmazonのオーディオブックサービスAudibleです...
メガネと本
中高年の目のかすみ(かすみ目)は注意!老眼じゃない病気もあり中高年の目のかすみは老眼の可能性が高いですが、白内障などの病気の可能性も十分考えられます。...