BOOK

オーディブルは50代からの読書におすすめ!聴く読書なら老眼でもOK!

中年男性
中年男性
オーディブルとか聴く読書って何だろう?

くわしく知りたいな

そんな疑問に答えます

読書をしたいけど老眼で小さい文字が読めなくなってしまった。

もともと本を読むのは好きで若いときには月に何冊も読んでいたのに、最近は通勤電車の中でもスマホを見るか寝ているだけ。

すぐに目が疲れてしまったり、首や肩が痛くなってしまう。

中高年になると本を読むのもひと苦労ですよね。

すぐに目が疲れてしまったり、首や肩が痛くなってしまう

そんな人にぜひ試してほしいのがAmazonのオーディオブックサービスAudibleです

オーディブルは本を読み上げてくれるサービス。

プロのナレーターによる読み聞かせですね

通勤時間の電車の中や、車通勤の車内など両手が自由になります。

周りの目も気になりません。

活字で読むのとまったく違う感覚で頭の中に入ってきます。

本を聴くので目が疲れません。

首や肩への負担もありません。

今なら30日間無料体験出来て、最初の一冊は無料です。

イサオ
イサオ
この記事はオーディブルで1年以上聴いている中高年が感想とおすすめ本を書いています。

誰かの参考になればうれしいです

この記事でわかること
  • オーディブルとは
  • オーディブルのメリットデメリット
  • オーディブルの始め方と使い方
  • オーディブルの解約方法
  • audiobook.jp

こんな人におすすめ

中年男性
中年男性
  • 本が読みたくても老眼で目が疲れて読めない
  • 通勤時間を有効に使いたい
  • オーディブルについて知りたい

Audible(オーディブル)

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

 

オーディブルとは

オーディブル オーディブル40万冊
  • オーディブルとはAmazonが提供するオーディオブックサービス
  • 月額1,500円(税込)で毎月1コインが付与される
  • 1コインで値段に関係なく好きな作品を購入できます
  • コインがなくてもすべてのタイトルを30%オフで購入できる
  • オーディブルは30日間無料で体験できます

オーディブルは30日間無料で体験できて最初の1冊は無料でもらえます。
無料期間中に退会しても購入した本は残り、アプリでずっと聴くことができる

ラインナップは非常に充実していて(約40万冊)、人気作家のベストセラーやビジネス、自己啓発、教養、語学、実用・資格、健康、アニメ、アダルトまで何でもあります。

Audible(オーディブル)

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

 

オーディブルのメリット

メリット
  • 聴く読書なので目が疲れない
  • ながら読書ができる
  • 再生速度を変えられる
  • 自己啓発本に最適

聴く読書なので目が疲れない

特に中高年の人にはこれが一番のメリットです。

本を読みたくてもすぐに目が疲れてしまったり、首や肩が痛くなってしまう。

私もそれで読書をするのをずっと辞めていました

「聴く読書」なら老眼でもまったく問題なし

ながら読書ができる

オーディブルはながら読書に最適です。

一番おすすめなのが通勤時間です。
満員電車の中で本を広げるのは迷惑になりそうですがオーディブルならまったく問題なし。

スマホの専用アプリは使いやすく、BGMのように聞き流しているだけでインプットができます。

私は家を出る時に再生ボタンを押して、会社に着くまで「聞き流し読書」をしています

オーディブルはあ広告や宣伝も入らないので、いちいちスキップする必要もなし。

散歩をしながらや、家事ををしながら聴くのもおすすめです。

再生速度を変えられる

オーディブルは再生速度を変えられます

  • 0.5~3.5倍速まで0.1倍刻みで調整できる
  • 1.5倍速ぐらいでも慣れれば遅いくらいです
  • 速読でなく速聴ができて効率がいいです

自己啓発本に最適

わたしは自己啓発の本をよく読むのですがオーディブルの聴く読書は自己啓発の本にあってます。

人気の「嫌われる勇気」などは対話形式でストーリーが進むので、2人の声優さんによるナレーションが非常にわかりやすかった

書籍で一度読んでいたのですが、「朗読」してもらった方がよく理解できました。

嫌われる勇気を無料で聴く

Audible(オーディブル)

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

 

返品交換ができる

1年以内なら返品交換OK

オーディブルの月額会員ならコインなどで購入した作品を返品交換することができる

返品すれば1コインが戻ります。

6~8回くらいまでは問題なく返品交換できますが、聴き放題ではないので短期間に返品や交換を繰り返すと返品不可となり、一定期間サービスが制限・停止される場合もあります。

オーディブルのデメリット

デメリット

小説は微妙

小説や文学書の場合は自分で読んだ方が感情移入できますね。
話題の本の内容を知りたいという場合にはいいかもしれません

ナレーションの好み

ナレーションの声優さんの好みは人によって分かれます
有名な声優さんだと好き嫌いがあります(プロの声優さんや芸能人など、同じ作品でも他の声優バージョンもあり)

中高年の人には懐かしい「冒険者たちガンバと15ひきの仲間」のナレーションはドラゴンボールの野沢雅子さんです

値段が高い

紙の書籍に比べると値段が高いです

プロの声優やナレーターを長時間拘束するので人件費がかかってしまうのでしょう

安く本を読みたい人にはオーディブルは向いていません

オーディブルの始め方と使い方

オーディブル始め方

オーディブルの始め方

  1. オーディブルの公式サイトへアクセスする
  2. 「30日間無料体験を試す」をタップ
  3. Amazonのアカウントでサインイン
  4. アプリをダウンロード

オーディブルの公式サイトへアクセスする
Audible(オーディブル)

30日間無料キャンペーン

左上の「30日間無料体験を試す」をタップ

オーディブル30日間無料

Amazonのアカウントでサインイン
または新規作成

アカウントでログイン

登録が完了したらアプリをダウンロード
オーディブルアプリ

オーディブルの使い方

オーディブルアプリ

オーディブのルアプリは簡単で使いやすいです

再生ボタンを押すだけで後は感覚でに操作できます

再生ボタンの左側が巻き戻し
右側が早送り

・1タップで30秒
・2タップで1分

左下が再生速度の変更
0.5倍から3.5倍まで変更可能

当然ですが2倍速で聴けば半分の時間で1冊聴き終わります。

私は読むのが遅いので非常に便利です

1つの作品を3回以上聴くので2回目は2倍速以上で聴いてます。

ブックマークは「本のしおり」ですね

ドライブモード

ドライブモード

右上の車アイコンをタップするとドライブモードになり、大きなボタンで運転中でも操作しやすくなります。

 

オーディブルの解約方法

オーディブル解約方法
スマホからなら、検索してオーディブルのサイトにアクセスします

スマホからは直接解約できないのでPCサイトに行きます。

またはパソコンでオーディブルのサイトへ、手順はどちらでもほぼ同じです。

パソコンからの方が画面が大きいので見やすいです。

 

ホーム画面

一番下までスクロールしていきPCサイトのところをタップ

この後の流れはパソコンで解約する場合もほぼ同じです

 

PCサイトにジャンプ

登録アカウントでログイン

アカウントでログイン

○○さんこんにちはの右をタップするとメニュー画面がでますので「アカウントサービス」を選ぶ。

オーディブル管理画面

退会手続きへをタップして進む

退会理由を選んで次へ

この画面で保有コインと次回請求日も確認できます

この画面になります。

 

退会される前に休会

左下の「退会手続きを完了する」をタップすれば退会(解約)は完了です。

 

オーディブル解約の注意点

 

  • コインはなくなる
  • 購入した本はなくならない
  • 退会する日に注意

コインはなくなる

オーディブルで毎月付与されるコインは退会(解約)すると消滅してしまいます。
余っているコインは使い切ってしまいましょう。

購入した本はなくならない

コインで交換したり購入した本はそのまま残ります。

解約してもアプリは以前と変わらずに使えますので持っている本はそのまま聴くことができます。

ただし無料のコンテンツは再生できなくなります。

退会する日に注意

Audibleの月額料金の請求日は人によって違います。

無料体験の申し込みの31日後に請求されるシステムになっている(それ以降は30日後)

請求日の直後に退会(解約)すると、1か月分の月額料金を損してしまう
次回請求日は上記の「アカウントサービス」の画面で確認できます。

 

オーディブルの解約(退会)はスマホ で簡単!休会で【料金半額】の裏技
オーディブルの解約(退会)はスマホ で簡単!休会で【料金半額】の裏技オーディブルには休会という方法もあります 3か月間半額に出来る裏技もあります。 その後は再開するのも退会(解約)するのも自由です。...

audiobook.jp(オーディオブック)

オーディオブック

オーディオブックにはオーディブルのほかにもいくつかサイトがありますが、利用者の多いサイトにオーディオブック配信サービス – audiobook.jpがあります。

audiobook.jpとは、株式会社オトバングが提供している日本最大のオーディオブック配信サイト。

月額750円の聴き放題プランと、月額定額制で好きな音声を購入するプランあります

聴き放題プラン

  • 聴き放題プランは月額750円で対象の本がすべて聴き放題
  • ラインナップも常に更新
  • 聴き放題はアプリのみ
  • 30日間無料お試し期間がある

「audiobookアプリ」の「聴き放題」メニューから、全てのラインナップを確認できます。

月額会員プラン

  • 月額会員プランはポイントの定期購入プラン
  • ポイントはaudiobook.jp内において、1ポイント=1円でオーディオブックの購入に使える
  • 取得したポイントの有効期限は6か月

月額会員プランとは、月額料金を払うことでその料金以上のポイントがもらえるプランです

audiobook.jpメリットデメリット

月額750円で対象の本がすべて聴き放題
聴き放題プランではすべての作品は聴けない
返品交換ができない

《こちらの記事で解説しています》

中高年の読書にはオーディオブック!定番人気2つを比較使用した感想
中高年の読書にはオーディオブック!定番人気2つを比較使用した感想中高年になると読書をしたくても、すぐに目が疲れてしまったり首や肩が痛くなってなかなか本が読めないですよね そんな中高年の人におすすめなのがオーディオブックです Audibleとaudiobook.jp両方使っている私の感想を書いています。...

まとめ


中高年になると、なかなか本を読む時間がないですよね。

  • 本を読んだ方がいいのはわかっていても、なかなか時間が取れない
  • 老眼で小さい文字がよく見えない。
  • すぐに眠くなるし、集中力が続かない。
  • 気になる本を買っても結局家に積んであるだけ。
  • 電車の中では混んでいて読めない。座れたときは寝ていたい。

もともと本を読むのは好きで若いときには月に何冊も読んでいたのに、最近は通勤電車の中でもスマホを見るか寝ているだけ。

読書をしたいけど老眼で小さい文字が読めなくなってしまった。

中高年になると本を読むのもひと苦労ですよね。

そんな読書離れになってしまった中高年の人に、特におすすめなのがAudible(オーディブル)です。

オーディブルは本を読み上げてくれるサービス。

プロのナレーターによる読み聞かせですね。

通勤時間の電車の中や、車通勤の車内など両手が自由になります。

周りの目も気になりません。

活字で読むのとまったく違う感覚で頭の中に入ってきます。

『本を聴く』ので目が疲れません。

首や肩への負担もありません。

Audible(オーディブル)なら本を聴くので全く問題なし

今なら30日間無料体験出来て、最初の一冊は無料です。

何年も本を読んでいなかった私も、オーディブルで月に最低一冊の本を聴けるようになりました。

私のような中高年の人で「本は読みたいけれど読むヒマがない」という読書離れになってしまった人は、1度オーディブルを試してみて下さい。

「聴く読書」なら無理なく続けられますよ

現在、Audible(オーディブル)では「初月30日間無料キャンペーン(通常月額1500円)」を開催しています。

最初の一冊は無料でいつでも退会できる。

無料で購入した本は退会しても自分のものになります。

Audible(オーディブル)聴く読書

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

 

プライム会員なら本も読み放題
(kindleを持っていなくてもスマホで読めます)

Amazonプライム30日無料体験はこちら

Amazonプライム
30日無料体験

 



 

中高年の読書離れ【解決法】はオーディブル【聴く読書】がおすすめ!
中高年の読書離れ【解決法】はオーディブル【聴く読書】がおすすめ!「本は読みたいけれど読むヒマがない」という読書離れになってしまった人は、1度オーディブルを試してみて下さい。「聴く読書」なら無理なく続けられますよ。最初の一冊は無料でいつでも退会できる。...
dマガジンなら中高年でも目が疲れなくて読みやすい!使い方とメリットデメリット
dマガジンなら中高年でも目が疲れなくて読みやすい!使い方とメリットデメリットdマガジンとはNTTドコモが提供する雑誌の読み放題サービスです。最初の31日間は無料で500誌以上の雑誌が読めます。無料期間中に解約しても料金はかからない dマガジンはドコモユーザー以外でも誰でも登録できるdアカウントの発行で利用できます。dマガジンは1つのdアカウントでスマホやパソコンタブレットなど最大6台まで読めます。...