BOOK

【読書感想文が書けない】はオーディブルの【読む読書】で解決!おすすめです

読書感想文がいつも書けない

本を読むのも苦手だし、何かいい方法ないかな

そんな悩みに答えます

読書感想文を書くのが苦手な人は多いですよね。

読書感想文を書く意味もよくわかりません

本を読むのは好きでも、感想文を書くとなるとなかなか苦痛な作業です。

本人もそうですが、子供を持つ親なら毎回悩んでいるのを見ていて何とかしてあげたいと思いますよね。

そもそも「本を読むのが好きじゃない」という子供もいると思います。

解決策はAudible(オーディブル)
「聴く読書」です。

本を読んでから感想文を書くのではなく「聴きながら」書いてしまうのです。

この方法なら読書感想文を書くのが苦手な人も必ず書けます。

 

この記事を書いている私は毎日オーディブルで『聴く読書』をしています。

本を読みたくても老眼で目が疲れてしまい、首や肩も痛くなってしまうのであきらめていたのですが、

Amazonのオーディブルなら活字を読むのではなく聴く読書なのでまったく目も疲れないし、内容も自然と頭に入ってきます。

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人にもおすすめです。

この記事が誰かの参考になればうれしいです。

 

こんな人におすすめ

  • 読書感想文が苦手な子供
  • 小中学生の子供を持つ親
  • 読書感想文を書いてみたい人

 

聴く読書ならAudible/オーディブル

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

読書感想文が書けない理由

本を読む子供
  • 本を読むのが苦手
  • 内容をまとめられない
  • 本を読ん読んでも感動しない

本を読むのが苦手

そもそも本を読むのが苦手という子供がいます。

体動かしている方が好きな子供とか、
ジッとしてられない子供とかいますよね。

それは個性なのでまったく問題ないです。

内容をまとめられない

  • 本を読んでも内容をまとめられない
  • あらすじを書いて終わってしまう
  • 何を書いていいかわからない
  • 国語力が不足している

本を読んでも感動しない

本を読んでも感動しない。

課題図書など読む本が決まっている場合は、みんなが感動するわけではありません。

感じ方は人それぞれです。

読書感想文が書ける方法

本を聴く
  • オーディブルで聴く読書
  • 要約と紹介文を書く
  • 感想を書けばよい

オーディブルで聴く読書

本を読むのではなく『本を聴く』

【読む⇒書く】よりも

【聴く⇒書く】方が簡単

話を聞きながらメモを取る感覚。

ポイントをノートに書き出してそれを後からまとめればいい

要約と紹介文を書く

ただのあらすじではなく要点をまとめる。

読んだ本が面白かったので、友達にすすめる紹介文を書くつもりで書く。

感想を書けばよい

感動しなくてもいいので、読んだ感想を書く

読書感想文自体が、ただの学校の課題のひとつにすぎないのです

割り切って書いてしまいましょう。

オーディブルとは

Audible(オーディブル)とはAmazonが運営するオーディオブックサービス

ラインナップは非常に充実していて(約40万冊)、人気作家のベストセラーや、現代文学、児童書・絵本、ビジネス、自己啓発、教養、語学、実用・資格、健康、アニメ、アダルトまで何でもあります。

オーディブルはコイン制

  • オーディブルは聴き放題のサービスではない。
  • 月額料金1,500円で一冊分聴ける1コインがもらえます。
  • 追加購入は30%オフで買える
  • 購入した本の返品・交換ができる
  • 最初の一冊は無料。

オーディブルは聴き放題のサービスではありません。

月額料金1,500円の定額制です。

毎月コイン1枚がもらえて、好きな本1冊と交換できます。

初めて利用する場合は、30日間無料体験ができるので1冊無料でもらえます。

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

解約しても無料でもらった本は残ります。

無料体験するだけで、本が1冊もらえます。

Amazonが運営しているサービスなので、あやしい事はありません。

 

聴く読書ならAudible/オーディブル

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

 

オーディブルの使い方

オーディブルの操作画面
オーディブル使い方はとっても簡単です。

スマホのアプリをダウンロードしたら、あとは音楽を聴く感覚で操作するだけ。

便利すぎて紙の本はもう持ち歩けません

家の中で食事や家事の合間に聞くのもありですよ。

両手が自由に使えるので、聴きながらメモを取れます。

ブックマーク出来るので、紙の本にポストイットを付けるのと同じ感覚。

再生速度が自由に変えられるのもグッド

わずらわしい広告もなし。

目が疲れない背景色になってます。

オーディブルのメリットデメリット

メリットデメリット

オーディブルのメリット

  • 作品数が多い
  • 何回でも聴ける
  • 何回でも返品できる

業界トップの作品数でカテゴリーも多い。

人気作家のベストセラーや名作文学、ビジネス、自己啓発、教養、語学、実用・資格、健康、アニメ、アダルトまで何でもあります。

最大の魅力は、プロのナレーターによる朗読。

人気俳優やアニメの声優などの朗読本も多数あり。

特に登場人物が2人以上いる場合は、自分で読んでいると1人で何人も感情移入しなければならず面倒くさい

オーディブルなら声で何人も演じ分けてくれるので、ストレスもなくただ聞き流しているだけでいいのです。

オーディブルなら何回でも聴ける

オーディブルなら一度ダウンロードしてしまえばオフラインで何回でも聴けます。

私は今のところ月1枚の無料コインでの交換のみで利用してますので、1冊の本をを何回も聴いています。

音楽を聞き流している感じなので、まったく飽きることはありません。

活字で読む場合だと、なかなか1冊の本を何回も読まないですよね。

Audible(オーディブル)の聴く読書なら中高年でも確実に頭に入りますよ。

聞き流しているだけなので、面倒なこともありません。

目が疲れることもありません。

理解度が全然違います。

 

英語学習本の聞き流しもおすすめ。

英語学習の本なども揃っているので、聞き流し学習にも最適です。

テキストやCDを買わなくてもAudible(オーディブル)だけでOK。

英会話フレーズ800

何回でも返品できる

一度コインで購入した本も返品することができて、返品すれば1コイン戻ってきます。

つまり永遠に無料で使うことも可能。

ただしあまり頻繁に返品していると制限がかかります。

オーディブルのデメリット

  • 本を購入する場合値段が高い
  • 紙の本に比べると購入金額が高い
  • 10,000円以上するものもある

コインで交換する以外で本を購入する場合の金額は、紙の本を買う場合に比べるとかなり高いです。

プロの声優によるナレーションが多いので、その分の手間や経費が掛かっているのです。

プライム会員なら本も読み放題
Amazonプライム30日無料体験

まとめ

外で本を読む
読書感想文を書くのが苦手な子供は多いですよね。

本を読むのは好きでも感想文を書くとなると、なかなか大変な作業です。

本人もそうですが親からしても、子供が毎回悩んでいるのを見ていると何とかしてあげたいと思いますよね。

そもそも「本を読むのが好きじゃない」という人もいると思います。

解決策はAudible(オーディブル)の「聴く読書」です。

本を読んでから感想文を書くのではなく「聴きながら」書いてしまうのです。

聴きながら書いていけば最初の頃の内容を忘れてしまってまた読み返す手間も省けます。

何回も聞いているうちに自然と内容が頭に入ります。

本を聴くので目が疲れません。

首や肩への負担もありません。

今なら30日間無料体験出来て、最初の一冊は無料です。

現在、Audible(オーディブル)では「初月30日間無料キャンペーン(通常月額1500円)」を開催しています。

最初の一冊は無料でいつでも退会できる。

購入した本は退会しても自分のものになります。

 

聴く読書ならAudible/オーディブル

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

フリーアナウンサー高見侑里の朗読による【銀河鉄道の夜】
銀河鉄道の夜
Audible(オーディブル)

俳優の堤真一朗読【火花】
火花

Audible(オーディブル)

新作もあります。
吉田健太郎朗読【アルルカンと道化師】
アルルカンと道化師

Audible(オーディブル)

紙の本が好きな方はこちら

プライム会員なら本も読み放題
Amazonプライム30日無料体験

 

キンドルアンリミテッドならパソコンでもスマートフォンでも読み放題です

\初回30日間無料体験/

書籍、マンガ、雑誌、洋書など
200万冊以上が読み放題

公式サイト

タップして公式サイトへ

中高年の読書離れ【解決法】はオーディブル【聴く読書】がおすすめ!
中高年の読書離れ【解決法】はオーディブル【聴く読書】がおすすめ!「本は読みたいけれど読むヒマがない」という読書離れになってしまった人は、1度オーディブルを試してみて下さい。「聴く読書」なら無理なく続けられますよ。最初の一冊は無料でいつでも退会できる。...
オーディブルは50代からの読書におすすめ!聴く読書なら老眼でもOK
オーディブルは50代からの読書におすすめ!聴く読書なら老眼でもOK!読書をしたいけど老眼で小さい文字が読めなくなってしまった。中高年になると本を読むのもひと苦労ですよね。そんな人にぜひ試してほしいのがAmazonのオーディオブックサービスAudibleです...