書評・感想

これも修行のうち。はプチ修行(トレーニング)のマニュアル本【要約・感想】




『これも修行のうち』について知りたいな

 

イサオ
イサオ
『これも修行のうち』の内容について解説します

 

この本は、著者の前作「反応しない練習」の実践編です。

悩みを増やさないためには「ムダな反応をしない」こと。

 

悲しみや苦しみはすべて、心の反応がつくりだしています。

だからムダに反応しなければ、多くの悩みは解消できるのです。

 

本書には、50個のプチ修行があります。

修行と言っても練習(レッスン)といった感じですね。

 

全部は紹介できませんが、だれにでも必ず役に立つ内容です。

ブッタが出てきますが、宗教やスピリチュアルの本ではありません。

心のマニュアル本だと思います。

 

こんな人におすすめ

  • 人生がつらい人
  • つい妄想してしまう人
  • 頑張っても成果が出ない人

 

イサオ
イサオ
この記事はわたしのアウトプット(備忘録)のために書いています

ネタバレや個人的な感想の、オンパレードです。

無益な内容だったらゴメンナサイ

>>「これも修行のうち。」を読む

この記事は『これも修行のうち。』
(著者) 草薙龍瞬 出版社 ‏: KADOKAWA (2016/4/14)
より出典・引用して書いています。

著者の紹介

草薙龍瞬 (くさなぎ りゅうしゅん)

  • 僧侶、興道の里代表。1969年、奈良県生まれ。
  • 中学中退後、16歳で家出・上京。放浪ののち、大検(高認)を経て東大法学部卒業。
  • 政策シンクタンクなどで働きながら「生き方」を探究しつづけ、インド仏教指導僧・佐々井秀嶺師のもとで得度出家。
  • ミャンマー国立仏教大学、タイの僧院に留学。現在、インドで仏教徒とともに社会改善NGOと幼稚園を運営するほか、日本では宗派に属さず、実用的な仏教の「本質」を、仕事や人間関係、生き方全般にわたって伝える活動をしている

『これも修行のうち』の要約

第1章 感覚のプチ修行

マインドフルネスの標識
反応し続けるかぎり、疲れは取れない。
反応を止める基本は感覚を意識すること。

サティ(気づき)の力とは、マインドフルネスの状態です。

つまり、マインド(意識を)フルに(十二分に)使っている状態。

それをブッタが生きていた古代インドでは、サティ(気づき)と呼んでいたのです。

イサオ
イサオ
今でも通用する考え方ですね

 

最も素朴なサティの定義は、「心の中に〝ある〟ものを〝ある〟と理解すると」 です。「理解」の代わりに「気づく」「察知する」「認識する」とも表現します。

これも修行のうち。第1章より

 

ラベリング(言葉で確認する)

ラベリング(言葉で確認する)とは、
服を着るときに、「今から服を着ます」「今服を着ています」「今服を着終わりました」と、動作をひとつずつ確認していくことです。

 

それは何の意味があるの
イサオ
イサオ
「今、何をしているか」をはっきり意識することがポイントなんです

 

言葉による確認は「自分の心」にも応用できます。

  • 怒りを感じているときは、「怒りの感情がある」と確認します。
  • イヤな過去を思い出してしまうときは、「記憶を思い出している」と確認します。
  • 緊張しているときは、「緊張している」と確認します。

 

カギとなるのは、感覚であれ、感情、記憶、妄想であれ、「客観的に言葉で確認する」ように努めることべす。

心の中に出てきた感情を、一歩引いたところから客観的に見れるようになれば、ムダな反応をしなくてすむようになります。

 

反応しない練習ですね
イサオ
イサオ
プチ修行はレッスンだと思えばいいですね

 

感覚のプチ修行ではこの他にも、

仕事前の「30秒座禅」
「心の指さし確認」
心を尽くして「家事」
近くの銭湯で「若返る」

などがあります。

>>「これも修行のうち。」を読む

第2章 感情のプチ修行

感情

心の基本はニュートラル

感情は三種類
快──好き・楽しい・ハッピーというポジティブな反応
ニュートラル──快でも不快でもない状態(正確には「感情がない」状態)
不快──嫌い・イヤだ・苦痛だというネガティブな反応

望ましいのは1⇒2⇒3の順番ですが、現実は「楽しいこと(快)を探して不満を生み出し、不快を遠ざけようとしつつ、実際には怒ってばかり」という姿なんです。

今の時代は欲を刺激してくる情報が氾濫しています。

テレビやネットを見れば「おすすめ商品」が目の前に現れ、反応を迫ってきます。

心は、こうした刺激にすぐ飛びついてしまいます。

なぜなら、

反応すればイイコトがある
反応すること以外に、心の使い方を知らない

という二者択一のしか知らないからなんです。

望ましい心の習慣とは「ニュートラル」でいることです。

つまり、快にも不快にも反応しない状態。

世間の常識では「退屈」「つまらない」と感じてしまう、この状態こそが、本当は「心の基本」だということです。

これも修行のうち。第2章より

 

快か不快という2つの反応を、行ったり来たりしている状態は心が疲れます。

ムダな反応で消耗しないためには、快でも不快でもないニュートラルな状態に戻ることです。

 

安らぎや、落ち着き、穏やかさや集中する力などはニュートラルな精神状態から始まります。

となれば、普段から「まずはニュートラルな心に立つ」ことですね。

ふだんの感情の持ち方として望ましいのは、
ニュートラルが基本。
快はおまけ。
不快は避けるべきだが、反応することは人との関係に不可欠だから、不快を感じたら上手に解消する。

ということになります。

 

不快な反応の扱い方
感情を外から眺める(客観的に見る)

 

動じない自分をつくる

「と言葉」
「○○と(私は)怒っている」
「○○と(私は)反応している」
「○○と(私は)不満を感じている」

こんな感じに自分の反応を言葉で確認するのです。

今の気持ちを実況中継するようにして、客観的に見ます。

 

イサオ
イサオ
心を客観視できれば、怒りも静まりますよ

 

怒りを減らしていく

おきてしまった怒りは、どのように消せばよいのでしょうか

 

それは、

「それ以上に反応しないこと」

怒りの感情も、放っておけば消えていきます。

 

怒りの真逆は「正しい理解」

怒ってはいけないと思いながらも、現実は「怒り」や「不満」だらけ。

その一番の理由は「心を理解していない」からなんです。

 

イサオ
イサオ
怒りがわいた瞬間に気づけば、怒りは消えます。

 

なぜ人は起こりたがるのでしょう?

  • 怒ることになれている
  • 性格的に怒りっぽい
  • 怒ることで元気が出る気がする
  • 怒ることで自分が正しいと思える

 

怒りをよしとするか、克服するか立ち位置を決める。

怒りで反応すれば、こちらがダメージを受ける。

 

究極のところ、自分の心の状態「満足か不満足か」を決めるのは自分です。

快(楽しい)は四種類

  1. 欲求が満たされたとき(欲の満足)
  2. 不快な感情から解放されたとき(心が浄化されたときの快)
  3. 感覚・思考・意欲に快や楽しさを感じたとき(人さまざま)
  4. 相手の喜びに共感できたとき(喜の心で反応したとき)

 

快の基本は集中すること

意識を余計なモノゴトに使わずに、一点に注ぎ続ける。

これは集中力を身につけるコツでもあります。

 

心の容量は限られている

反応に使える意識の量には限りがあるのです。

人の意識には容量があって、その中で思考や感情の反応に使っています。

 

「イライラする」のは怒りの感情

「不安になる」のは妄想状態

 

人間の脳は1つのことしか考えられません。

限りある資源なのです。

 

イサオ
イサオ
怒りに意識を使うのはムダ使いですね

 

心がけるべきは、限りある意識(心)を、自分にとって必要・大切なモノゴトや、快・幸せに使うという発想なのです。

これも修行のうち。第2章より

 

感情のプチ修行ではこの他にも、

「反応はできるけど」と余裕をかます
「怒りの割合」を数値化してみる
「平和だった頃」を思い出す
「お役に立てればよし」と考える
「相手も大変なんだ」と考える
「目を閉じて」食べる

などがあります。

第3章 考え方ののプチ修行

考え方のボード

考え方が変われば人生が変わる

【考え方を入れ替える方法】

  1. 快ある方向をめざす
  2. 言葉抜きの練習をする
  3. 間違った考え方に気づく
  4. 新しい考え方を覚えていく

 

快ある方向をめざす

1 正しい方向を見定める(目的を明確にする)
2 正しい方向を実践する
3 正しい心の前提に立つ(クリーンな心の状態に立つ)

 

妄想と方向性は違う
妄想は、ただ妄想しているだけで行動しない。
しかも、疑いや不安、後悔など暗い妄想もある。

行動しないのが妄想で、行動に移すのが方向性

 

山登りにたとえると、

やまの頂上は方向性
登らないままなら妄想です。

 

暗い妄想は目を開いてリセット

思い描く内容がなんであれ、まだ起きていないのなら、それは妄想です。

 

妄想をリセットする練習

目を閉じて、今考えていることは妄想だと確認する
目を開いて、目に見える光や、手足の感覚を意識して、「さっき考えていたのは妄想だった」とはっきり自覚する。

 

「なんとかなる」と言葉で念じる。

考え方次第で、日常の景色はガラリと変わります。

 

イサオ
イサオ
妄想、妄想、なんとかなる

 

妄想時間を減らすと幸せの総量は増える。

 

ムダな考えは抜いて消す「言葉抜き」

  1. 自分の考えを言葉にする
  2. 言葉を抜いていく
  3. 言葉にしない状態に慣れる

 

例えば職場で、「あの人は仕事が遅いよな、そのくせ他の人の仕事ぶりには厳しいよ」という言葉が浮かんだとします。

それを、「あの・・・は・・・よな、その・・・には・・・し」
さらに、「・・・は・・・よな、・・・には・・・し」
そして、「・・・、・・・」

言葉を抜いて、最終的には「・・・(沈黙)」にしてしいます。

 

考えないことは最高の快です

自分自身を正しく理解しようと心がけたとき、人は”足元だけ“を見るようになります。

これも修行のうち。第3章より

 

「新しい考え方」を身につけるエクササイズ

考え方を変えるには、使う言葉を変えるのです。

 

仕事で大きなミスをしてしまったとき

【普通の考え方】
信用を落とした。評価を下げた。
もしかすると、クビかもしれない。

【新しい考え方】
失敗は失敗、ミスはミス。(理解するが反応しない)
今からできること(方法)は?
ここからベストにチャレンジだ。

このように出てくる言葉(反応)はさまざまです。

だから、心の底にある心がけ・心の土台を入れ替えることが、考え方を入れ替える上で効率的なのです。

これも修行のうち。第3章より

 

考え方のプチ修行ではこの他にも、

「楽しいゴール」を考える
頑張っている人に自分を重ねる
デジタル反応に近づかない
「ムッとした」自分に気づく
「小さく、小さく」で心を守る

などがあります。

>>「これも修行のうち。」を読む

第4章 意欲のプチ修行

モチベーションの看板

ヤル気の正体を知る

  1. 欲求を満たそうとするヤル気【単純な欲求】
    食欲や、快楽を求める欲求。承認欲。
  2. 妄想を成就したいというヤル気【欲望・憧れ】
    広告などを見て、妄想で反応して、欲しくなってしまう。
  3. 新しいことを体験したいというヤル気【ワクワク感】
    知的好奇心やチャレンジ精神
  4. とにかく頑張らねば・やらねば、というヤル気【気合い・根性】
    快(喜び)はなく「やめてはいけない」だけで頑張ってしまう。

 

中年男性
中年男性
ヤル気っていろいろあるんだ
イサオ
イサオ
ひとつのヤル気にしがみつかないことが大切です

 

ヤル気はいわば、「モノゴトに取り組むエネルギーのカートリッジ」だと思ってください。

これも修行のうち。第4章より

 

意欲のプチ修行ではこの他にも、

「貢献できればよし」と考える
とにかく「作業」から始める
イラッとしたら「足の裏」
いちいち「思い出さない」
人生の決断は「引き算」で考える
などがあります。

感想・気づき

感想・気づき
本書は、反応しない練習に続けて読んだので、基本編・実践編のような感じでした。

わたしが即実行したプチ修行

  • ラベリングで「整理整頓」
  • 「怒りの割合」を数値化してみる
  • 「相手も大変なんだ」と考える
  • 「目を閉じて」食べる
  • 「なんとかなる}と言葉で念じる
  • とにかく「作業」から始める

 

本書のいいところは、気になったプチ修行(練習)をすぐに試せることですね。

やってみて自分に合うものを、取り入れてみればいいと思います。

まずはやってみることです。

 

イサオ
イサオ
気持ちを切り替えるだけで、すぐに実行できますよ

 

「これも修行のうちだ」「なんとかなる」は、
もう口グセになりました。

関連書籍

まとめ

修行とは、古代インドのブッダの時代には、 bhavanā (バーヴェナー)と呼ばれていました。

直訳すれば「心を耕すこと」です。

つまり、できなかったことができるようになる。

それが、心を耕す「修行」の本来の意味なのです。

これも修行のうち。(おわりに)より

 

「つい反応してしまう」

そんな方は、ぜひ読んでみて下さい。

>>「これも修行のうち。」を読む

本の要約が読み放題!
>>本の要約flier(フライヤー)

 

キンドルアンリミテッドなら
パソコンでもスマートフォンでも読み放題です。

キンドルアンリミテッド

\初回30日間無料体験/

書籍、マンガ、雑誌、洋書など
200万冊以上が読み放題

 

聴く読書ならAudible/オーディブル

\最初の1冊は無料/

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

 

『反応しない練習』【要約・感想】悩みは判断しないで、スルーする。この本は宗教の本ではありません。 どんな悩みも解決できるシンプルな考え方があります。それは「反応しない」こと。この本は、精神論ではなく実践的な方法を教えてくれます。...