書評・感想

『幸せになる勇気』アドラー心理学は悩める中高年におすすめ【書評・感想】

『幸せになる勇気』アドラー心理学は悩める中高年におすすめ【書評・感想】




中年男性
中年男性
『嫌われる勇気』は読んだけど続編の『幸せになる勇気』ってどんな本?
イサオ
イサオ
アドラー心理学『幸せになる勇気』について解説します

こんな人におすすめ

  • 人間関係に悩んでいる人
  • 部下の教育に悩んでいる人
  • 嫌われる勇気を読んだ人

前作「嫌われる勇気」3年後、教師になって哲人のところへ戻ってきた青年。

彼はクレーマーとなって帰ってきました。

本作「幸せになる勇気」は愛について深く語られています

イサオ
イサオ
「嫌われる勇気」と2冊セットで読むのがおすすめです

幸せになる勇気の要約

目次

第一部:悪いあの人、かわいそうなわたし
第二部:なぜ「賞罰」を否定するのか
第三部:競争原理から協力原理へ
第四部:与えよ、さらば与えられん
第五部:愛する人生を選べ

感想・気づき

教育・仕事・愛、すべての悩みは人間関係

前作「嫌われる勇気」では人間の悩みは、すべて対人関係であると言われていましたが「幸せになる勇気」では「すべての喜びもまた、対人関係の喜びである」と言われています。

中年男性
中年男性
なんか矛盾してない?

確かに「対人関係が悩みであり喜びでもある」と言われると分かったような、わからないような気がしますね

人間とは社会的な生き物なのです

それゆえに喜びも悩みも社会とのつながりから生まれるのです

共同体感覚とは自分のなかから掘り起こすもので、他者の関心事に関心を持つことが重要になります。

アドラーは次のように言っています

  • 他者を愛する事から始めよ
  • 無条件にその人の存在をありのままに受け入れてあげる
  • 他者を愛する勇気を持て

『幸せになる勇気』とは『愛する勇気』のことなんです

ただ相手のことを愛するという自分の課題に集中する
相手が自分のことを愛するかどうかは相手の課題なので考えない

中年男性
中年男性
やっぱり必要なのは勇気なんだね
イサオ
イサオ
必要なのは無条件に相手を愛する勇気です

著者紹介

著者:岸見一郎
哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。(日本アドラー心理学会顧問)

著者:古賀史健
フリーランスライター。1973年生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。インタビュー原稿にも定評がある。

関連書籍

dブックなら初回購入50%割引

dブックなら初回購入50%割引

『嫌われる勇気』アドラー心理学は中高年にこそ必要?【書評・感想】
『嫌われる勇気』アドラー心理学は中高年にこそ必要?【書評・感想】他人の評価ばかり気にしていると、他人の人生を生きることになってしまいますよ。嫌われる勇気を持たないかぎり、自由には生きられないのです。「嫌われる勇気」とは「自由に生きる勇気」を持つということ。...

まとめ

まとめ
アドラー心理学から学ぶべきことは自分を変える勇気です

本書の内容すべてを理解して実行するのは大変ですので、出来そうなところがあったら取り入れてみてください。

イサオ
イサオ
詳しい内容はぜひお手にとって読んでみてください

 
本の要約が読み放題!
>>本の要約flier(フライヤー)


 

dブックなら『幸せになる勇気』が50%OFF!
(新規ユーザーの初回購入は50%割引)

『幸せになる勇気』は、アドラー心理学を修得している哲人と、それに挑戦する若者の「対話形式」で話が進みます。

オーディオブックで「聴く読書」がおすすめ
プロのナレーターによる朗読は聴きやすいですよ

Audible(オーディブル)なら『幸せになる勇気』が無料で聴けます。

聴く読書ならAudible/オーディブル

\最初の1冊は無料/
30日間無料キャンペーン

無料体験中に解約すれば料金はかかりません

中高年の読書離れ【解決法】はオーディブル【聴く読書】がおすすめ!
中高年の読書離れ【解決法】はオーディブル【聴く読書】がおすすめ!「本は読みたいけれど読むヒマがない」という読書離れになってしまった人は、1度オーディブルを試してみて下さい。「聴く読書」なら無理なく続けられますよ。最初の一冊は無料でいつでも退会できる。...